湘南美容外科新宿本院の症例写真 詳細ページ

ホームドクター紹介 アクセス・クリニック案内 施術・料金一覧 症例写真 体験談 モニター募集

SBC湘南美容外科クリニック新宿本院美容外科美容皮膚科

PHOTOGALLERY

フォトギャラリー

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさを変えるような処理は一切おこなっておりません。


【若返り】【仙台院院長/新宿院】【技術指導医/学術責任者】【形成外科専門医/美容外科専門医】Dr.村松による《最高品質の下まぶたのクマ・たるみ取り+ミッドフェイスリフトと同様の効果》 『切開ハムラ(Hamra)法+コンデンスリッチフェイス脂肪注入法 ゴルゴライン』 術後1ヵ月 正面
 村松英俊 医師 このドクターに相談する

アンチエイジング
40歳代の女性です。下まぶたのたるみ、小じわ、クマの改善を希望されました。クマの主原因となる眼窩脂肪の処理及び余剰皮膚の切除を行う『切開ハムラ(Hamra)法』、クマを悪化させる頬の脂肪の下垂に伴うボリュームロスを補う『コンデンスリッチフェイス法』を組み合わせた施術を行いました。
アンチエイジング
術後1ヵ月です。下まぶたのちりめんジワやクマが改善し、かつ中顔面がリフトされ若々しい印象になりましたね!ミッドフェイスリフト以上の効果とも言えると思います。

当サイト内に掲載されているモニター様の画像は全て許可を得て使用しています。
無断転載、複製、複写、盗用を固くお断りします。

前のページに戻る


ドクターからのコメント

術前→術後1ヵ月














湘南美容外科クリニック仙台院院長の村松です。
(私のクマ治療の症例写真をもっと見たい方はコチラをクリック!


目の下の加齢性の変化としては、

・眼球のクッションの役目を持つ眼窩脂肪が、前方に出っ張るようになる
  →下まぶたがふくらみ(目袋)、ふくらみの下に影(クマ)が目立つようになる。

・皮膚がたるむ
  →小じわ(ちりめんジワ)が増悪

・まぶたを閉じるための眼輪筋が拘縮
  →目尻や目の下の外側に深い笑いジワが刻まれる

・目の下にある頬の脂肪(malar fat pad)がどんどん下に落ちていく
  →下まぶた直下のボリュームが無くなりクマが更に深くなる


malar fatの下垂により、鼻の横に脂肪が乗るようになります。
脂肪が増えて、その下に影が出来るのですが、これがほうれい線となるのです。


そこで治療方針ですが・・・クマの程度や皮膚の余り具合、患者様のご年齢やご希望などを総合的に勘案して決定することになります。



40歳代の女性です。
下まぶたのたるみ、小じわ、クマの改善を希望されました。
クマの主原因となる眼窩脂肪の処理及び余剰皮膚の切除を行う『切開ハムラ(Hamra)法』、クマを悪化させる頬の脂肪の下垂に伴うボリュームロスを補う『コンデンスリッチフェイス法』を組み合わせた施術を行いました。

術後1ヵ月です。
下まぶたのちりめんジワやクマが改善し、かつ中顔面がリフトされ若々しい印象になりましたね!
ミッドフェイスリフト以上の効果とも言えると思います。




   

   


施術別にフォトギャラリーを表示

CLINIC
TEL:0120-5489-40
東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー24F
(JR新宿駅西口徒歩10分)
LINE
Facebook
Blog
Movie
LINK
English
Chinese
クリニック案内
湘南美容外科 新宿本院

【所在地】
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F

2017年4月27日~
同ビル24階に移転致しました

【診療時間】
10:00~19:00

【アクセス】
・ JR新宿駅西口徒歩10分
・東京メトロ丸の内線西新宿駅直結
・都営地下鉄大江戸線都庁前駅徒歩5分



SNS ACCOUNTS
blog
MENU